----- 拗ねたんじゃない -----

 
episode 1

 
「待っているから 一人で 行っておいで」

涙を こぼさないように していたら

「拗ねてるんじゃないの」

いつもみたいに 拗ねたんじゃないよ

ほんとに 悲しかったんだよ

一緒に楽しめると 思ったのに・・・

一緒にいるのに ひとりぼっちなんだな

って 思ったんだよ

 
episode 2

 
拗ねてるんじゃなくて

泣いてるってわかったら 驚いてたね

でも 驚いたのを一生懸命隠そうとしてた

ご機嫌をとろうとしないで

でも わたしのこと 気遣かってくれてるのわかった

ありがとう

やっぱり あなたのことが好き