----- 問答 -----

 
「愛してるよ」
  「・・・そんなこと言われても・・・」
「愛してる?」
  「・・・そんなこと聞かれても・・・。
   愛ってなぁに? 好きの最上級?」

 
「嫌い?」
  「ううん だ〜〜い好きだよ」
「どうして好きなの?」
  「どうしてって好きだから好きなんだよ。
     好きに理由なんかないよ。
     卵が嫌いに 生臭いからとか
   命の元を食べるなんて 気持ち悪いとか
   理由はあるけれど。
     卵が好きに理由はないよ。」

 
「どうして だ〜〜い好きなの?」
  「好きがいっぱいあるからだよ」

 
「だ〜〜い好きだと どうなる?」

  「好きになって欲しいと思う
   だからアナタの好きなこといっぱいしたいと思う 
   アナタの嫌いなことしないようにしようと思う。」

 
「ほかに好きなことを諦めることでも?」 
  「うん」 
「それは苦しいね」 
  「うん でも だ〜〜い好きだったら諦めるよ」 
「好きになって欲しいからだね?」 
  「うん」 
「好きになってくれたら どうしたい?」 
  「わたしの好きなこといっぱいして欲しいと思う 
   嫌いなことしないようにしてほしいと思う。」 
「ボクにも 好きなことを諦めて欲しいと思う?」 
  「う〜ん そうなるかもしれない」

 
「キミがボクの他にだ〜〜い好きなものは?」
  「花と猫のミーシャ」
「花にもミーシャにもだ〜〜い好きになって欲しい?」
  「う〜ん どうかな そうだね」
  「花やミーシャはキミのことだ〜〜い好きかな?」
  「う〜ん 好きだと思うけれどわかんない」
「わかんないけれど お水あげたり 肥料あげたり
外にだしてあげたり 病気のときは看病してあげたりするんだよね?」
  「うん」
「キミには何もしてくれないのに?」
  「う〜ん そうだね。でもそばにいるだけでいいんだよ。
   何もしてくれなくても。
     枯れないで 死なないでいてくれればいい。
   そのためなら何でもしてあげたいよ」
「愛してるんだね」
  「そうなんだ・・・そうなのかな・・・
   でも 好きの最上級が
   愛してるっていうことじゃないってことだね」
「そういうことなのかもしれないね」

 
  「じゃあ 愛されるのと だ〜〜い好きになられるのと
   どっちがいい?」
「もちろん愛されたいし 愛したいよ(^^)
 愛してるよ♪」
  「うん ありがとう(^^)」
「愛してる?」
  「・・・今のところ だ〜〜〜い好きだよ(爆)
   愛してるって 言えるようになったらいいなって
   思ってるよ♪」

20010117