----- 華 -----

 
いつも恋してる

いくつになっても恋してる

 
女は華ぞ

ひとつをみつめる花もあり

愛嬌ふりまく花もあり

孤高に咲く花もあり

 
自分のために咲かせる花

でも 愛でられてもっと美しくなる

さあ もうひと花 もうふた花

死ぬまで咲かせる 恋の華

20010610