----- 天翔ける馬 -----

 
キミは 天翔ける馬

捉まえることは できない

ならば ぼくはキミを 乗りこなそう

 
キミの背中に乗り

  天の果てまで

地の底まで

 
手綱は いらない

拍車もいらない

キミの行くところは

ボクの向うところ

 
キミの翼は ぼくなんだから