----- ネットの世界 -----

言葉だけの世界のネット
相手の表情が見えないから
傷つけてしまったことに気が付かない時もあるかと思います。
また その人の心理状態によって
思いも寄らない取りかたをされてしまうこともあります。
言葉が足りなくて傷つけてしまうこともあるかと思います
いずれにせよ 気が付いたときには 「ごめんなさい」と言いたいですね。
と思っているわたしも ごめんなさいが言えているのかどうか・・・
わたしの言葉で傷ついているかたがいらっしゃいましたら
ごめんなさい

相手の顔が見えないということは 自分の顔も相手に見えないということ
ネットの匿名性を利用して故意にひどいことを言うかたもいらっしゃるかと思います。
どんな思いからそのようなことを言うのかというと
ネットの場合ほとんどが嫉妬のような気がするのはわたしだけでしょうか?

ネットではなく「いじめ」の問題
子供社会だけでなく 大人の社会でもありますね
これはどうしてなんでしょうか?
自分と異種のものは認めない 疎外するという気持ちの表れのようです。
人に対して嫌がられるとわかっていてしてしまう人
特に子供に多いものですが ネットでは匿名性から
大人でもチャットアラシのようなかたもいらっしゃいます。
愛され方がわからない子供 愛されていない子供は
コミュニケーションの手段として 暴力をふるったりします。
暴力をふるえば何らかの反応があるからです。
優しくされてもどう応えてよいかわからない
だから優しくされても殴ってしまったりするようです。
チャットアラシには二通りあるようで
ハッカーのようにプログラムを破壊すること侵入することで
自分の力量を主張する
楽しげに話しているところにはいっていけないから
邪魔をする
どちらにしても自己主張自己表現の手段としてチャットアラシをしているようです。
人に対しての自己表現マイナスの面ではなくプラスの面で表現できるといいですね
いろいろな個性があって人間
いやなところもいいところも含めて人間
その人を認めて 包んで 受け入れられる人間でありたいですね

20010508