1月12日

今日の花:セントポーリア

花言葉:小さな愛

photo 植物園へようこそ
 セントポーリアは発見者のセントポール・イレーイエ男爵の名前から付けられました。
 育てる環境は、熱過ぎず、寒過ぎず、適度な湿度とカーテン越しの陽射しと
一見難しそうですが、人間が快適に過ごせる条件と同じな上、人工の光でも大丈夫なので
マンション住まいの方にも比較的育てやすい花のような気がします。
 セントポーリアは園芸店で小さなかわいい鉢植えになって売っています。
この小さな花は、人間がストレスによってダメージを受ける肝機能の低下を防ぐそうです。
 神経を使う仕事をした後や、長時間の読書、パソコンを使用した後の目の疲れにも効果があるそうです。
ビロードのような少し厚めの軟らかい葉と、セントポーリアの原種の青紫色が、
こころを落ち着け、血液の循環を良くしてくれるからなのだそうです。
 職場でみんながピリピリとしている時、家の中で誰かが疲れているような時、
そっと小さなセントポーリアを置くといいかもしれません。
セントポーリアの力と、あなたのその小さな愛がきっと空気を変えてくれることと思います。
そんなことを思いました。

2002.2.6