1月22日

今日の花:キャラウエイ

花言葉:迷わぬ愛

photo 植物園へようこそ
 キャラウェイと言えばハーブを思い浮かべるでしょうか? 
別名をヒメウイキョウ(姫茴香)と言いますので、漢方薬でしょうか?
どちらも薬草として昔から用いられていたことにはかわりありませんね。
その効果は、食欲増進・消化促進だそうで、殺菌力もあり風邪のうがい薬にも用いられるそうです。
 また、コンパニオンプランツ(一緒に植えることによって、共生関係を築き、
病害虫や雑草の被害をなくしたり減らす植物)としても注目されています。
キャラウェイのコンパニオンプランツとしての効果は、土を柔らかくしたり、
害虫の天敵の虫を呼び害虫の繁殖を防いだりするそうです。
 今日の花言葉「迷わぬ愛」には、こんな言い伝えがあります。
「恋をしたその日に相手の歳の数だけ種を食べると、その恋は決して迷わない」
「家禽や鳩にキャラウェイの実を食べさせると、引き止める力が働いて、
鳥たちは1羽たりとも行方不明になることはない。」
「人や物を引き止め、その種子を入れておけば、どんな品物でも盗まれないし、
また持ち主が現れるまで、盗もうとした者をその場に釘づけにさせることができる」
「恋人たちを引き止め、愛情を永続させ、互いに浮気をさせないようにする」
恋人を繋ぎとめておくのには、美味しい食べ物が一番などと言いますが、
キャラウェイを使った料理が食卓にあると、おいしくて会話も弾むということなのかもしれません。
 香辛料としてのキャラウェイは、甘いさわやかな香りと、やや刺激のあるほろ苦さを持っています。
恋も甘さだけではなく、適度な刺激が長続きするこつなのかもしれませんね。

 今日はキャラウェイを使ったものをご紹介しましょう。

【キャラウェイドレッシング】
キャラウェイシード・・・小匙1
レモン汁・・・大匙2
オリーブオイル・・・・大匙1

【ガーリックトースト用バター】
バター・・・100グラム
オリーブオイル・・・大匙2
すりおろしニンニク・・・1玉
みじんぎりパセリ・・・適宜
キャラウェイシード・・・少々
コショウ・・・少々

キャベツの千切りにドレッシングをあえれば、即席ザワークラウトになります。
ガーリックトースト用バターは、ポテトにあえてもOK
そのほかケーキやクッキーなどのお菓子にシード(種)を少し入れたり、
種を噛むと後味がすっきりとして、口臭を消しますので、チーズにシードの粉をかけて
即席キャラウエイチーズにして、お酒のおつまみにしてもいいと思います。
ただし、キャラウェイは日本人の味覚にはちょっと癖があるので、量は最初は少なめに。

2002.2.15