1月3日

今日の花:万両(マンリョウ)

花言葉:徳のある人


photo hana
 マンリョウは12月31日の「恵まれた才能」でご紹介したセンリョウと並ぶ縁起の良い木です。
センリョウとは実の付き方が違って、下向きになります。
 鳥たちの食べ物のない冬に、赤々とした実はおいしいものらしく、鳥たちがこぞって食べにきます。
つついたり、フンになって地面に落ちたものから芽が出るので、とてもよく増える木です。

 今日の花言葉「徳のある人」はマンリョウのその増え方にあるのかと思います。
たわわになった実を惜しげもなく鳥たちに食べさせて、自分もまた子孫を増やしていく。
その子供がまた、寒い冬の間の鳥たちの食料になる。
 神様から与えられた物や才能を、他の人に分け与え、
自分もまた他の人の物や才能によって生き長らえていく。
才能や物が共有され、輪廻していく。そして、全てのものが高めあっていく。
どんな人にも、どんなものにも、分け与えるものがあり、享受するものがあるのだと思います。
例えどんなちっぽけなものでも、神様から与えられた自分の才能に気付くこと、
そしてそれに対して自信を持つこと、それが「徳のある人」に近づく一歩なのかもしれないと
そんなことを思いました。

2002.1.30