2月13日

今日の花:草蘆(クサヨシ)

花言葉:不屈


photo 植物園へようこそ
 クサヨシは「草葦」と書き、イネ科の植物で水辺や湿地に群がって生えています。多年草で、冬でも緑の葉を広げて、春にはグングンと茎を伸ばし大きくなりますが、梅雨時には川原に生えている茎は増水によって折られてしまいます。でも、節の部分から新しい芽を出し、また大きくなっていきます。短期間に環境の変化が大きい水辺に育つのですが、地下茎や種、そして節からの再生と繁殖力に優れた植物です。
 そんなところから今日の花言葉「不屈」があるのかもしれません。
 不屈とは、困難に屈せず意志を貫くことですが、クサヨシの意志とはなんでしょう。種の保存、つまり繁殖なのですね。クサヨシにとって水は生きていく上で必須です。でもその水が根を流し、茎を折り命を危うくしてしまう。でも、しっかりと根を張り、地下茎を伸ばし、折れた茎からも再生する能力を身に付けている。自然と上手く折り合っていく術を持っているのですね。

 人間も人間にとって都合の悪いものは排除するのではなく、それはそれで意味のあるもの、他のものには必然のものであると、損も得も享受して自然と上手く折り合っていけたらいいなと思いました。

2002.9.20