2月15日

今日の花:金雀枝(エニシダ)

花言葉:幸せな家庭


photo hana
 エニシダも小さな頃、家にあった木です。マメ科らしい蝶のような花をたくさんつけます。新学期、庭で咲いたたくさんのエニシダを学校に持っていくことがとても嬉しかった思い出があります。
 わたしは家にあった花びらの一部が赤いというか紅色のものが、ポピュラーなものだと思っていたので、他で見る黄色一色のものは、そういう種類もあるのねという程度で見ていたのですが、家にあったものはホオベニエニシダと知ったのはずっと後でした。

 マメ科の植物は子だくさんに繋がって、得てして縁起の良い植物とされますが、生命のはじまりの春に、それも金に繋がる黄色い花をたくさんつけることで、今日の花言葉「幸せな家庭」があるのかもしれません。

 ヨーロッパでエニシダと言えば、魔女のほうきなのだそうです。しなやかな枝は、きっと、夜空を滑るように自由自在に飛べたのでしょう。花の時期は、きっと、花をたわわにつけたままほうきにしたのでしょう。夜空を舞う魔女のほうきから、一輪一輪落ちる黄色い小さな花は、星になって子供達の寝室に降りそそいだのではないのでしょうか。そんなことを思いました。

2002.9.20