2月24日

今日の花:蔓日々草(ツルニチニチソウ)

花言葉:幼馴染み


photo 植物園へようこそ
 ツル日々草は、暑さにも寒さにも強い宿根草で、花時ではなくても葉が庭を楽しませてくれます。そんなところから「幼馴染み」という花言葉がついたのかもしれません。

 ずっと会っていなくても、この前会ったのはつい昨日のことのような気持になれる友達。いつもその人のことを考えているわけではないけれど、こころの片隅にいつも存在している友達。その人が、こころの中に存在していることによって、ホッと安心できる人。それは、なんのしがらみのない子供の時、素(す)のこころとこころで一緒に遊んだ友達だからなのかもしれません。
 大人になってからできた友達でも、この人とは子供の頃から一緒にいたような気がすると思う人がいます。そのような人は、いつもこころの片隅に存在して、悲しいことがあったり、寂しいときがあったりしても、「大丈夫だよ」と言ってくれているような気がします。花のない時期もツル日々草の葉が庭を覆って寂しくない庭になっているように・・・。

2003.11.21