2月6日

今日の花:カランコエ

花言葉:たくさんの小さな思い出


photo hana

 カランコエは、小さな美しい花をたくさん咲かせます。
その姿が、今日の花言葉「たくさんの小さな思い出」になったのかもしれません。
 誰にでも、小さな思い出はたくさんあるかと思います。
一つのちいさな思い出が引き金となって、次から次にいろいろなことを思い出して
ちょっと切ないような思い出でも、昔の自分を抱きしめてあげたいような、
そんな気持になってこころが暖かくなるような時はありませんか?
苦しかったり、悲しかった思い出は段々と薄れていくのに
ちょっとしたことでも楽しかったこと、嬉しかったことは、
ふんわりとボカシのかかった写真のように、やわらかい暖かい思い出として
残っているのですね。
 それはなぜなんでしょう。思い出したい思い出だからなのかもしれません。
学生の時、何かを覚えるのに反復練習したのと、覚えようという意志があるかないかの違いで
同じなのかもしれません。
 カランコエは、多肉植物なので茎や葉に水分や養分を貯めますので、
渇くまでは水遣りをしないほうがいい植物で手がかかりません。
そのかわり、花がらをマメに取ってあげないと、
横の蕾に養分がまわらなくなってしまうので、花が長続きしません。
次から次に花を咲かせて、長い間楽しむためには、花がらは潔く取り除くのです。
 思い出も同じようなものなのかもしれません。
過去のことにこだわって、いつまでも養分を与えてしまっては
根腐れしてしまって花が咲きません。
ポツンと思い出したちいさな思い出、それをさらっと微笑んで楽しむ。
そんなふうにできたなら、今この時も楽しく過ごせ、そしてそれがまた
楽しかった思い出となってポッ、ポッ、ポッといつか湧き出てくるような
そんな気持がしました。

2002.3.8