2月9日

今日の花:木瓜(ボケ)

花言葉:熱情


photo hana
 漢字では「木瓜」と書き、「モッケ」と呼ばれていたものが「ボケ」となったようです。瓜のような実が成るのでこう書かれるそうですが、瓜といってもキュウリのような細長いものではなく丸みが勝ったものです。
 ボケといえば、小さくてトゲがあって緋色の花を思い浮かべます。そんなところから今日の花言葉、「熱情」があるのでしょう。
「和」の雰囲気があるボケが、熱情というのはそぐわないような気もしますが、小さな、一見おとなしそうな、東洋の女性にも熱情というものはあるのです。内に秘めたる情だからこそ熱いということもあるのかもしれません。

 八百屋お七は 16歳
 家が火の手に包まれて 命からがら逃げた寺
 こころ惹かれる人がおりました

 新しい家ができ
 あのかたとも お別れ
 恋しい 恋しい 恋しい

 八百屋お七は 初めて恋を知った16歳
 また家が火事になれば あのかたにあえる
 フラフラと 火種を持って 表へと
 メラメラメラメラ 風に乗って炎は鬼のよう

 ああ 恐ろしい
 足が震え 手が震える
 やっとの思いで登った櫓(やぐら)で
 半鐘を打ち鳴らす

 八百屋お七は まっすぐな16歳
 15歳以下はお咎めなし
 「お前はまだ15であろう?」
 聞かれた奉行に
 「いいえ、16でございます。」

 八百屋お七は 16歳
 恋に目覚めた 16歳
 あさはかな  16歳
 己の罪を知った 16歳
 鈴ヶ森で煙になった

2002.9.19