3月3日

今日の花:ハナモモ

花言葉:気立てのよさ


photo 植物園へようこそ
 三月三日と言えば、桃の節句、お雛祭りです。
 節句は、中国大陸から伝わった暦の上の風習で、季節の節目の身の穢れを祓う行事だったそうです。江戸時代に幕府が、人日(一月七日)、上巳の節句(三月三日)、端午の節句(五月五日)、七夕の節句(七月七日)、重陽の節句(九月九日)の五つを公的な行事・祝日として定めたのだそうです。ですから、平成の今でも重陽以外は一般的な行事として残っていますね。
 
 「上巳」とは陰暦3月の最初の巳(み)の日の事なのですが、三月三日と決めたのは昔々の中国、三国志の時代の頃、曹操の長男曹丕だそうです。
 この日は川に入って禊(みそぎ)をして穢(けが)れを祓(はら)う日でした。いつの時代も一緒、儀式の後には宴会があります。(この儀式後の宴会というのは、神に捧げた供物を皆さんでいただいたことから始まるのでは・・・と、私は考えているのですが、そのうちにちゃんと調べてみたいと思っています。)その宴会は、「流觴曲水(りゅうしょうきょくすい)」と言って、蛇行した水の流れのほとりの所々に参会者が座り、上流から杯を流し、自分の前を通り過ぎる前に歌を詠む。詠めなかったら杯を飲み干すというものであったようです。
 川で禊をした後の余興ということを考えると、水の流れは川。杯は穢れ。その穢れが自分の前を通り過ぎるまでに逃れる術(詩歌を詠む)ができなければ、上席にいた人までの穢れを飲み干すという、なんとも恐ろしい罰ゲームのように思われます。でも、日本では「曲水の宴」として盛んに行われていた平安時代には、自分の前を通り過ぎないうちに詩歌をよみ、杯を手に取って酒を飲んでから杯を次へ流したようです。そうなると、酒を飲むのは罰ゲームではなく、ご褒美になりますね。ただ、そのゲームは誰でもができたわけではなく上流階級の中の官位の高い者だけが参加できたのでした。

 ですが、元々日本にもこの春の初めの時期に禊(みそぎ)をする風習がありました。川に入って身を清めるのを簡略化して、人の形をした物で体を撫でて息を吹きかけます。それに穢れや災いを移して川に流したのです。身代わりとなる物を「形代(かたしろ)」や「人形(ひとがた)」と言います。また、これが発展して、子孫繁栄を願って、子供が病や災難にあわずに育つように、特別に「天児(あまがつ)」や「這子(ほうこ)」という簡単な人形が作られるようになり、魔除けのお守りとして、流されずに幼児になるまで傍に置かれるようになりました。この「天児(あまがつ)」が立雛の元祖ではないかと思われます。
 曲水の宴が華やかに行われていた平安の頃のお話、源氏物語や枕草子に、ちいさな人形で遊ぶ「ひいな遊び」が出てきます。「天児」は宮中の女官が衣を着せたそうですから、姫がそれを真似して遊んだのが始まりなのかもしれません。枕草子には、うつくしきもの(可愛らしいもの)として雛の調度をあげていますし、源氏物語の紫の君の幼い頃の描写には立派な人形の御所があって、平安の姫は人形でままごと遊びをしていたのがわかります。
 さて、春の禊の日に内裏の清涼殿では曲水の宴が行われていて、賑やかな様子が後宮にも伝わってきます。後宮の女官たちは、曲水の宴に招かれた殿方よりも自分のほうが上手な歌を詠めるのに出られなくて悔しいと思っていたのかもしれません。そこで、官位を持たない女という理由で春の禊の華やかな宴に出られない女たちは、姫の「天児」のお祓いを女だけで致しましょうとなったのかもしれません。
 雛祭りに至った経緯の真偽は定かではありませんが、そんな宮中での行事や雛遊びが、室町、江戸と時代を経るに従って武家や庶民に広がっていったのです。

 平安の時代、貴族は娘を宮中のどの位置に入れるかで政治的力が決まってきました。一族の反映は娘にかかっていたと言ってもいいのではないのでしょうか。美しく教養のある娘に育てても帝に寵愛されて子を産まなければ意味がありません。また、帝に寵愛される后妃の女官となればそれなりの貴族はそれなりに安泰です。また、戦国の武家の時代にも、姫は政略結婚という大切な駒でした。また、庶民においても、子供をたくさん産める健康な娘は子孫繁栄の源です。「父」はそんなふうに大切な持ち駒として娘を育てたのかもしれませんが、「母」は世の流れに逆らうことはできなくても、その中でも健康で、幸福な結婚をしてくれますようにと願っていたことだと思います。どんな相手でも、娘の気立てが良ければ、可愛がってもらって幸福になれるだろうと切なる願いがあったのだろうなと、そんなことを思いました。

2006.12.15