3月6日

今日の花:土筆(ツクシ)

花言葉:向上心


photo 植物園へようこそ
 ♪つくし誰の子 すぎなの子♪ と歌った覚えのある方もいらっしゃるかと思います。かく言う私も歌った覚えはあるのですが、これが歌の一部だったのかどうなのかは覚えがありません。このふたつ、わざわざ歌にして確認するほど似ていないのですが、同じ地下茎で繋がっていて、ツクシが、胞子を作る胞子茎で、スギナが、光合成をする栄養茎だそうです。

 名前の由来は、民俗学者の柳田國男さんによると、地上に突き出して勢いよく伸びるので、「突く」と、それを強調するための係助詞の「 し 」が付いて「つくし」になったそうです。力強く天を指してまっすぐに伸びるこの様子が、今日の花言葉「向上心」になっているのかもしれません。

 「向上心」を辞書で引くと、「自分の能力・性質などをより優れたものにしようとする心」と書いてありました。けして自分の能力や性質をかけ離れた高みにしようとするこころではないし、他人と比較して優れたものにしようとするこころでもないわけです。
 人は誰でも、多かれ少なかれ、能力があります。それが他人と比べて優れている必要はないと私は思います。ただ、その人の置かれた環境で、その人の能力を生かしていればそれは素晴らしい能力だと思いますし、他人と比べて素晴らしい能力があっても、生かしていなければ素晴らしいとは私は思えません。
 自分は何の取り得もないと思っている人はたくさんいるように思いますが、小さなこと、自分では何でもないと思っていること、そんなことを誰かに褒められたことはないでしょうか?それは能力の兆しを見つけてくれたのだと思います。それを見逃さないこと。そしてそれを意識すること。そうしたら、自分のできる小さなことは、自分のためだけではなくなるでしょう。だれかのこころが明るくなったり、だれかの生活が便利になったりするでしょう。自分のできる小さなことが、もっと上手に、もっと大きくなったら。もっとたくさんの人のこころがあかるくなったり、もっとたくさんの人の生活が便利になったりするでしょう。それが向上心の源であって欲しいと、そんなことを思いました。

2007.01.15