7月1日

今日の花:サルスベリ

花言葉:愛敬


photo hana
 サルスベリという名前は、木の表面がツルツルしていて猿もすべるということから付きました
別名を「百日紅(ヒャクジッコウ)」とも言い、初夏から晩夏まで夏の間中花をつけます。
木全体で花のついた姿を見るのも綺麗ですが、若い枝の先端についている花をじっくり見ると
フリルのついた花びらをたくさんつけていて、一生懸命咲いている可愛らしい花です。

 中学三年生の時のクラスメイトの女性。卒業してからも何年かに一度は会います。
幹事ではなくても、クラス会のために骨を折ってくれる女性です。
彼女がいるからこそ、いつも楽しく集り、座が盛り上がり、
また会おうねと楽しく別れられるのだと思います。
なんとなくわたしの中では、サルスベリの可愛らしい花と彼女が重なるのです。

2002.7.4