7月26日

今日の花:春車菊(ハルシャギク)

花言葉:陽気


photo 植物園へようこそ
 春車菊と書きますが、花の中心が紅色でまわりが鮮やかな黄色というところから、孔雀草とも、蛇の目草とも言われます。
 ハルシャはペルシャから変わったものだといわれていますが、ペルシャはこの花に何のいわれもありません。でも、わたしはこの花を見ると色具合といいペルシャ絨毯の柄のような気がします。わたしのように思った人が名付けたのかもしれませんね。
 荒地でも、ほうっておいても種がこぼれて咲く花ですので、土手などで群生しているのをよく見ます。細い茎の先に咲く花は、少しの風でもいっせいに茎ごと揺れて、賑やかにおしゃべりをしているような感じがします。そんなところから今日の花言葉「陽気」があるのかもしれません。
 
 

 

 ねぇねぇ、南風が 吹いたわよ
 うふふ、今度の風は楽しい風ね

 ねぇねぇ、さっきの蝶々が 向こうの街には
 もっとたくさん わたしたちの仲間がいるって言ってたわよ

 あら どうしたの?
 あなた元気がないじゃない
 この娘ね この前の風に恋しちゃったのよ

 花びら一枚 花びら二枚
 わたしをあげる あなたと一緒に旅したい
 わたしを連れてって あなたと一緒に連れてって

 いつも陽気な 春車菊
 だけど
 恋にうつむく 春車菊

2002.9.30