9月26日

今日の花:弁慶草(ベンケイソウ)

花言葉:無事


photo hana
 2万騎を超す大軍に包囲され たったの9騎で戦った義経と家臣。弁慶は矢で咽を射抜かれ 鮮血で鎧が赤く染っても倒れず戦いました。これを怖れた敵兵は 弁慶に数十本にも及ぶ矢を射掛けましたが 、それでもなお弁慶は 奮戦し 敵兵の前に立ちふさがり、ついに倒れることなく絶命しました。 これが 世に言う「弁慶の立ち往生」です。それから「弁慶」という言葉は「強い者」という総称になったようです。この弁慶草も 葉が厚く 切り取って暫くおいてもしおれず、土に挿すと根が出て元気よく育ちはじめる丈夫な花です。
 
 「無事」とは 事が無いことですね。 事ってなんでしょう。字の成り立ちは 小旗を掲げて使者となって行く役人を表しているそうです。小旗とは 職分を表す小旗だそうです。どのような者であるのか わかる旗を掲げるというのは、知らない人のいる所へ向かうということですね。使者として行く役人。そのことから 「事」には「使う」「政(まつりごと)」「職分」「戦(いくさ)」「仕事」「できごと」「謀反(むほん)」「仕える」という意味があります。
 仕えるということは 弁慶のように身をもって主人に従うことですね。政とは 国内の または他国との 様々な意見を調整しまとめていくことですね。職というのは 役目 任務のことです。どれもこれも 「他」との折り合いを調整するために、少なからずの摩擦と 緊張を感じさせるものです。それがないことが 「無事」。無事であることが 幸せであるということ、改めて感じました。
 
 
あなたは 行くのですね
あなたが 仕える 主のために
あなたが 信じる 教えのために
 
時の流れが 事無きように 進むように
わたしは 祈ることしかできないことが 悲しい

2001.9.27