9月30日

今日の花:ヒマラヤスギ

花言葉:あなたのために生きる


photo hana
 学名は、Cedrus deodaraです。学名というのは はラテン語なのですが、Cedrus は、アラビア語の kedron(力)から出た香りの良い材の木の ギリシャ名 cedros に因(ちな)んでいるそうです。deodaraは神木という意味なのですが Deoが 神、神意という意味があります。神様の宿る香りの良い木 ということですね。ヒマラヤスギからとれるエッセンシャルオイルは 香水の原料などに利用されていて、アロマテラピーにも 鎮静効果があるとして利用されています。スギという名前がついていますが スギ科とは関係がなく マツ科ヒマラヤスギ属です。
 
ヒマラヤ北西部から アフガニスタンにかけての地方が原産地で、長さ6〜13cmのたまご形の 巨大なマツボックリをつける常緑樹です。常緑樹というのは 1年中葉を繁らせているので、落葉せずに 同じ葉が何年も 生え続けているように思えますが、春になり暖かくなってくると 古い葉の間から新芽が生え、その新芽が大きく成長するにつれ 古い葉が落ちて、梅雨時には新しい葉と交代するのだそうです。
 新しい生命の誕生と同時に 古い命は失われるという生きものが多い中で、生まれたばかりの 弱い命を守るため 落葉せずにいるのですね。「あなたのために生きる」という 花言葉は、そんなことから つけられたのかな と 思いました。
 
 でも・・・「あなたのために生きる」と 言われたらどんな気持がするでしょう。嬉しいと思う反面 負担なのかもしれません。全て子供のためにという親がいますが、そう言われ続けて育った子供はどうなのでしょうか。あなたのために生きる というのは 自分を殺しているような気持がします。自己満足のような気持がするのは わたしがひねくれているのかもしれません。でも・・・ わたしだったら あなたと共に生きたい と、お互いに生かし合うようにしたいなと 思いました。

2001.10.2